【オフセットフックの結び方】3つの強度の出るテキサスリグの結び方

オフセットフックの結び方バス釣り仕掛け

オフセットフックを使用したテキサスリグは、通常の仕掛けの結び方よりも強度が求められる場面が多いです。ストラクチャー(障害物)から魚を引き離したり、ウィード(水草)の中から引きずり出したりする場面に使われるからです。
今回はテキサスリグの結び方で注意することや、オフセットフックの3つの結び方について紹介します。

オフセットフックの結び方で大事な2つのこと

オフセットフックの結び方で大事な2つのことがあります。
それは、強度と結ぶ速さです。強度はもちろんですが、釣り場ですぐに結べないと釣れる魚を逃してしまうかもしれません。
それでは、どのような結び方が強度があり、速く結ぶ事ができるのか見ていきましょう。

強度

オフセットフックの2つの結び方

様々なラインの結び方がありますが、強いラインの結び方は、オフセットフックのラインアイ(ラインを結ぶ輪)を2本で支えることのできる結び方です。
1本で支える結び方よりも2本で支える結び方の方がはるかに強度がでます。

速く結べるノット(結び方)

テキサスリグ

オフセットフックを2本で支えることができ、速く結ぶことができるノットは、

  • ダブルクリンチノット
  • ハングマンズノット
  • パロマーノット

の3つの結び方です。
それでは、この3つの結び方をみていきましょう。

オフセットフックの3つの結び方

ダブルクリンチノット

①ラインアイに2回通して、輪っかを1つ作る。

ダブルクリンチノットの結び方

②メインラインに巻きつけていく。

ダブルクリンチノットの結び方

③4、5回巻きつける。

ダブルクリンチノットの結び方

④ラインアイに出来ている2つの輪っかに通す。

ダブルクリンチノットの結び方

⑤メインラインをゆっくりと引いていく。

ダブルクリンチノットの結び方

⑥ラインアイまで強く締め込んでいく。

ダブルクリンチノットの結び方

ハングマンズノット

①ラインアイに2回通す。

ハングマンズノットの結び方

②上で輪っかを作り、下に巻いていく。

ハングマンズノットの結び方

③4、5回巻きつける。

ハングマンズノットの結び方

④上の輪っかに通す。

ハングマンズノットの結び方

⑤結んだコブを、メインラインを引っ張ってラインアイの方に落としていく。

ハングマンズノットの結び方

⑥余ったラインを5mm程度残して切る。

ハングマンズノットの結び方

パロマーノット

①ラインアイに通します。

パロマーノットの結び方

②折り返すようにラインを通します。

パロマーノットの結び方

③出来た輪っかをメインラインの方に引っ張ります

パロマーノットの結び方

④輪っかをメインラインに結びます。

パロマーノットの結び方

⑤くぐらせた輪っかをそのまま引きます。

パロマーノットの結び方

⑥結びコブをラインアイに落としていく

パロマーノットの結び方

⑦余ったラインを5mm程度残して切る。

パロマーノットの結び方

まとめ

強度のある3つのオフセットフックの結び方を紹介しました。
1度でマスターするのはどの結び方も難しいので、どれか一つを徹底的に結ぶことを練習することが大事です。

コメント