バズベイトのトレーラーに最適なワームやフックを解説

バズベイトのトレーラーバス釣り用ルアー

バズベイトはトレーラーなしでも使えるルアーですが、ワームやフックを付けることにより、広範囲を探れるようになったり、ブラックバスがバレにくくなったりします。
今回は、トレーラーにワームを付けるメリット・デメリットや、トレーラーに使えるおすすめのワームの種類、そして、トレーラーフックについて解説します。

バズベイトのトレーラーにワームを付けるメリット

泳ぎを安定させる

バズベイトとスティックベイト

バズベイトのトレーラーにワームを付けることによって、重心を下に集中させることができ、泳ぎを安定させることができます。

速く引くことができる

水面のバズベイト

速く引いてしまうと横を向きやすいバズベイトですが、泳ぎを安定させることによって速く引けるようになります。

アピール力が増える

バズベイトとグラブ

ワームのアクションも加算されるだけでなく、ブレードが回転する振動がワームに伝わり、更にアピール力が増えます。

飛距離が伸びる

川とロッド

ワームの重量が加算されるので、全体的な重さが上がり、キャストの際に飛距離を伸ばすことが可能になります。

バズベイトのトレーラーにワームを付けるデメリット

デメリット

トレーラーにワームを付けることのデメリットはありません。
しかし、トレーラーに使うワームを選ぶ難しさはあります。
トレーラーに使うワームの選定を間違えると、全体的なバランスが崩れてしまい、ゆっくり引いても横になったり、くるくる回ったりする場合があります。

それでは、バズベイトのトレーラーに最適なワームをみていきましょう。

バズベイトのトレーラーに最適なワーム

シャッドテール

バズベイトとシャッドテール

シャッドテールはバズベイトのトレーラーに使うワームでは最も安定感があります。
しかし、テールが必ず下になるように付けないと、バランスが取れなくなるので注意が必要です。

グラブ・イモグラブ

イモグラブ

グラブや、グラブのテール部分をカットしたイモグラブもバズベイトのトレーラーに使うことができるワームです。グラブの場合、上下どちらに付けてもバランスが崩れることはありません。

スティックベイト

3種類のスティックベイト

スティックベイトもバズベイトのトレーラーに使うことができるワームですが、長いスティックベイトの場合は後方に重心が偏ってしまい、バランスが崩れやすくなります。
4インチまでの長さから選ぶことをおすすめします。

バズベイトのトレーラーフックについて

トレーラーフックのついたバズベイト

バズベイトにトレーラーフックを付ける場合は、メインフックよりも小さいものを選ぶようにしましょう。
大きいフックの方がフッキング率も上がりますが、根がかりやゴミを拾うリスクも高くなるので、メインフックよりも小さいものを選ぶことをおすすめします。
トレーラーフックの付け方は、スピナーベイトのトレーラーフックの付け方と同じで構いません。

まとめ

バズベイトのトレーラーにワームをつけるとメリットが多いため、付けたほうがいいでしょう。しかし、泳ぎ方が崩れたりする場合もあるので、バランスをとることが難しい一面もあります。
使用するバズベイトに合うワームを見つけて、ぜひバズベイトでブラックバスを見つけてみてください。

コメント