9月のバス釣り紹介!初秋のバス釣りとは

9月初秋のバス釣り季節

9月は徐々に気温が下がってくる月ではありますが、のどちらの季節で釣りを展開するのか迷いやすい時期です。
今回は、9月のバス釣りで意識しなければならないことや釣り方、おすすめルアーを紹介します。

9月初秋のバス釣りは季節の変化意識する

9月のバス釣りで意識しなければならないことは、夏から秋へと移行する季節の変化です。
夏から秋へと季節の変化が一気に進む要因が、台風です。1年を通しても9月は特に台風が多い時期です。
台風が、水中にどのような変化をもたらすのかみていきましょう。

水温低下

台風の目

徐々に気温が下がってくる9月に台風が来ると、風や冷たい雨の影響で水温が下がります。真夏に30℃前後あった水温が20℃前半まで水温が落ちることもあります。

溶存酸素量増加

水中の泡

水中の酸素の量(溶存酸素量)は、水温が低いほど増加します。よって夏から秋にかけて水温が下がることによって、溶存酸素量が増加します。

9月初秋のバス釣りは夏なのか、秋なのか

秋の湖

9月に入り、徐々に水温が下がることは事実ですが、水中はまだ20℃を超えていることも多く、夏を引きずることが多くあります。しかし、タイミング次第で秋が入り交じり季節の判断が難しい時期が9月なのです。
台風や雨が降ったあとは一気に秋へと移行しますが、1日を通しても気温が下がる朝マヅメや夕マヅメの時間帯は秋めいた釣りが展開できます。

9月初秋のバス釣りでの釣り方の展開

日の入り

9月のバス釣りは、1日同じ釣り方をやり通すのではなく、時間帯で展開を分けるといいでしょう。朝マヅメや夕マヅメだけは秋を意識した釣り方、そして、日中は夏を意識して釣り分けるということです。
日中であっても、雨が降ったり北風が吹いたりしたタイミングで秋の釣り方を意識すると、釣果が出やすくなります。
重要なことは、状況に合わせて秋の釣り方を展開できるタイミングを逃さないことです。

9月初秋のバス釣りでおすすめルアー

トップウォーター

ポッパー

9月初秋にトップウォーターが有効になる状況は2つあります。1つ目は朝マヅメや夕マヅメの時間に広範囲に散ったブラックバスを探すとき、2つ目は台風直後やのあとの濁った状態です。トップウォーターの強波動で、ブラックバスにルアーの存在を気づかせます。

スピナーベイト

スピナーベイト

アングラー(釣り人)の意思でレンジ(深さ)をコントロールできるスピナーベイトは、夏と秋を意識していて、レンジが上下するブラックバスに有効なルアーです。

ワーム

3種類のスティックベイト

夏と秋を意識すると、様々なリグ(仕掛け)に対応したワームが良いでしょう。
テキサスリグダウンショットだけでなく、ノーシンカーまで対応出来たほうがいいでしょう。
夏寄りであればストレートワームやスティックベイト、秋寄りであればシャッドテールワームやホグ系ワームがいいでしょう。

クランクベイト

たくさんのクランクベイト

クランクベイトは、夏から秋へと季節の変化が起きる時は非常に有効です。アクションとレンジが合えば、同じクランクベイトで連発することもよくあるのが9月初秋の時期です。

まとめ

初秋である9月のバス釣りは、1つの釣りに固執せず、状況に合わせた柔軟な釣り方が重要です。
季節が変わる難しい季節ですが、ぜひ、9月のバス釣りを攻略してみてください。

コメント