スプリットリングへのラインの結び方解説

スプリットリングへの結び方仕掛け

スプリットリングへの結び方は、注意しなければならない2つのことがあります。
今回は、スプリットリングの結び方の2つの注意点と、おすすめの3つの結び方を紹介します。

スプリットリングの結び方の2つの注意点

スプリットリングの切れ目とラインアイがあたらないようにする

スプリットリングの切れ目

スプリットリングの切れ目とルアーのラインアイがあたると、ルアー本来の動きを出すことが出来ません。
よって、切れ目がラインアイにあたらないようにラインを結びます。

ループノットで結ばない

ループノットで結ばない

ループノットで結んでしまうと、スプリットリングが自由に回転してしまい、切れ目がラインアイにあたるだけでなく、ラインが切れ目にあたってラインが切れてしまうことがあります。
スプリットリングとラインを結ぶ時は、しっかりと固定できる結び方を選ばなければなりません。

スプリットリングへの結び方で大事な2つのこと

スプリットリングへの結び方で大事な2つのことがあります。
それは、強度と結ぶ速さです。強度はもちろんですが、釣り場ですぐに結べないと釣れる魚を逃してしまうかもしれません。
それでは、どのような結び方が強度があり、速く結ぶ事ができるのか見ていきましょう。

強度

強度のあるスプリットリングへの結び方

様々なラインの結び方がありますが、強いラインの結び方は、スプリットリングを2本で支えることのできる結び方です。
1本で支える結び方よりも2本で支える結び方の方がはるかに強度がでます。

速く結べるノット(結び方)

スプリットリングへの結び方

スプリットリングを2本で支えることができ、速く結ぶことができるノットは、

  • ダブルクリンチノット
  • ハングマンズノット
  • パロマーノット

の3つの結び方です。
それでは、この3つの結び方をみていきましょう。

スプリットリングの3つの結び方

ダブルクリンチノット

①ラインアイに2回通して、輪っかを1つ作る。

ダブルクリンチノットの結び方

②メインラインに巻きつけていく。

ダブルクリンチノットの結び方

③4、5回巻きつける。

ダブルクリンチノットの結び方

④ラインアイに出来ている2つの輪っかに通す。

ダブルクリンチノットの結び方

⑤メインラインをゆっくりと引いていく。

ダブルクリンチノットの結び方

⑥ラインアイまで強く締め込んでいく。
締め込んでいく時は、水や唾液で湿らせてラインの摩擦を減らしてあげると良いでしょう。

ダブルクリンチノットの結び方

ハングマンズノット

①ラインアイに2回通す。

ハングマンズノットの結び方

②上で輪っかを作り、下に巻いていく。

ハングマンズノットの結び方

③4、5回巻きつける。

ハングマンズノットの結び方

④上の輪っかに通す。

ハングマンズノットの結び方

⑤結んだコブを、メインラインを引っ張ってラインアイの方に落としていく。

ハングマンズノットの結び方

⑥余ったラインを5mm程度残して切る。

ハングマンズノットの結び方

パロマーノット

①スプリットリングに通します。

パロマーノットの結び方

②折り返すようにラインを通します。

パロマーノットの結び方

③出来た輪っかをメインラインの方に引っ張ります

パロマーノットの結び方

④輪っかをメインラインに結びます。

パロマーノットの結び方

⑤くぐらせた輪っかをそのまま引きます。

パロマーノットの結び方

⑥結びコブをラインアイに落としていく

パロマーノットの結び方

⑦余ったラインを5mm程度残して切る。

パロマーノットの結び方

まとめ

強度があり速くスプリットリングに結べる3つの結び方を紹介しました。
1度でマスターするのはどの結び方も難しいので、どれか一つを徹底的に結ぶことを練習することが大事です。

コメント